2010年03月12日

"世界で最大のバンド"(1971-1977)

ラベルとレッドツェッペリンIVの中に袖に4つのシンボル(からの代表から右へ)、ロバートプラントジミーペイジ、ジョンポールジョーンズ、ジョンボーナムを残しました。

早い時期でのLed Zeppelinの人気は意気揚々と70年代半ばの成功によって極端に小さくされ、それは、バンドを定義し続けて、この期間です。[14] [41]などのメンバー精巧な、派手な服を着るようになったバンドのイメージも変わった。レッドツェッペリンのプライベートジェット旅客機の旅()スターシップとあだ名を始めた[41]ホテルのセクション全体を借りて(特にコンチネンタルハイアットハウスLos Angeles、口語では、"ライオットハウス")と、被写体となったとして知られている放蕩のロック界で最も有名な物語の多くは。 1つのいたずらジョンボーナムライオットハウスの賃貸床を介して、バイクに乗る関係[41]もう1つは、東京ヒルトンホテルで、部屋の破壊関与しながら、バンドに生活のために設立当初から禁止されてリードする。[19] [47 ]ただし、ただし、レッドツェッペリンのホテルのスイート中傷やテレビを投げるための評判を開発ツェッペリン窓の外に設定し、いくつかは、これらの物語いくらか誇張されているお勧めします。音楽ジャーナリストのクリスウェルチは、" [Zeppelinのような多くの記事を生成旅ツェッペリンと主張するが、それは神話は、[彼ら]は常に理不尽な破壊とみだらな行動の行為に従事していた"[19]

レッドツェッペリンの4枚目のツェッペリンにリリースされた1971年11月8日。そこは、元の表紙にタイトルやバンド名の兆候として、バンド"大騒ぎ"と"、"音楽のマスコミが過大評価、などとラベル付けされて軽蔑応答では、音楽が与えることによって自分自身を売ることを証明したいとされた人がいたの兆候[15]アルバムの正式タイトル未定のままと最も一般的にはレッドツェッペリンIVと呼ばれますしかし、これはさまざまに4つのシンボルは、レコードのラベルに表示されるし、4つのシンボルと第4回アルバムとも呼ばれます(両方のタイトルは、アトランティックレコードのカタログ)が使用され、秒、Zoso、ルーン、またはIV [48]

レッドツェッペリンIVさらにヘビーメタルとブルースの重点との素朴な、アコースティックの要素を組み合わせて、バンドのユニークな数式を洗練された。アルバム"アコースティックトラック黒犬"など"やハードロックの例では、"カリフォルニアに行くことが含ま(ジョニミッチェルへのオマージュ)。 "ロックンロール"は1950年代の初期のロック音楽へのオマージュです。 2007年には、曲を目立つようにキャデラック、自動車のコマーシャルに使用されて1つのLed Zeppelinの存続のメンバーのいくつかのインスタンスの楽曲のライセンス[49]

"天国の階段"
サウンド再生
この曲は1つのロック史上で最も要求の録音となった。
問題は、このファイルを聞く?メディアのヘルプをご覧ください。

このアルバムは1つの最高の歴史の中でのアルバムとその巨大な人気を販売されている1970年代にはレッドツェッペリンのスーパースターツェッペリンを固めた。それはアメリカ合衆国で23万枚を販売している日付には[50]トラックの"天国への階段"は、単一の時に引用されては決して解放されているほとんどの要求、[51]、ほとんどのプレイ[52]アルバム向きのロックのFMラジオ曲。 2005年には、雑誌のギター世界の読者の世論調査の階段は"地上の楽園"すべての時間の最も偉大なギターソロを持つものとして選ばれたのを開催した。[53]

、レッドツェッペリンの次のアルバムは、聖霊のハウスツェッペリンは1973年にリリースされました。これは、長い追跡し、シンセサイザーやメロトロンオーケストレーションの拡大を使用するとより詳細な実験を紹介。この曲は"聖"のハウスは、同名のアルバムにもかかわらず、アルバム上の他の曲と同じ時間で記録されて表示されるわけではなく、最終的には、1975年のアルバムフィジカルグラフィティに、そのようにした。[14]アルバムのオレンジ議事堂のカバー目
http://yaplog.jp/1comie/archive/69 http://yaplog.jp/2dhdfs/archive/67 http://yaplog.jp/3bcccfs/archive/68 http://yaplog.jp/4kinnjyu/archive/79 http://yaplog.jp/5sdjfoij/archive/67
http://yaplog.jp/1comie/archive/70 http://yaplog.jp/2dhdfs/archive/68 http://yaplog.jp/3bcccfs/archive/69 http://yaplog.jp/4kinnjyu/archive/80 http://yaplog.jp/5sdjfoij/archive/68
http://yaplog.jp/1comie/archive/71 http://yaplog.jp/2dhdfs/archive/69 http://yaplog.jp/3bcccfs/archive/70 http://yaplog.jp/4kinnjyu/archive/81 http://yaplog.jp/5sdjfoij/archive/69
http://yaplog.jp/1comie/archive/72 http://yaplog.jp/2dhdfs/archive/70 http://yaplog.jp/3bcccfs/archive/71 http://yaplog.jp/4kinnjyu/archive/82 http://yaplog.jp/5sdjfoij/archive/70
http://yaplog.jp/1comie/archive/73 http://yaplog.jp/2dhdfs/archive/71 http://yaplog.jp/3bcccfs/archive/72 http://yaplog.jp/4kinnjyu/archive/83 http://yaplog.jp/5sdjfoij/archive/71
http://yaplog.jp/1comie/archive/74 http://yaplog.jp/2dhdfs/archive/72 http://yaplog.jp/3bcccfs/archive/73 http://yaplog.jp/4kinnjyu/archive/84 http://yaplog.jp/5sdjfoij/archive/72
http://yaplog.jp/1comie/archive/75 http://yaplog.jp/2dhdfs/archive/73 http://yaplog.jp/3bcccfs/archive/74 http://yaplog.jp/4kinnjyu/archive/85 http://yaplog.jp/5sdjfoij/archive/73
http://yaplog.jp/1comie/archive/76 http://yaplog.jp/2dhdfs/archive/74 http://yaplog.jp/3bcccfs/archive/75 http://yaplog.jp/4kinnjyu/archive/86 http://yaplog.jp/5sdjfoij/archive/74
http://yaplog.jp/1comie/archive/77 http://yaplog.jp/2dhdfs/archive/75 http://yaplog.jp/3bcccfs/archive/76 http://yaplog.jp/4kinnjyu/archive/87 http://yaplog.jp/5sdjfoij/archive/75
http://yaplog.jp/1comie/archive/78 http://yaplog.jp/2dhdfs/archive/76 http://yaplog.jp/3bcccfs/archive/77 http://yaplog.jp/4kinnjyu/archive/88 http://yaplog.jp/5sdjfoij/archive/76
http://ostin.miracle7mark.blog.zmapple.com/254983.html http://matsugeexte.miracle7mark.blog.zmapple.com/254991.html http://daikiboshuzen.miracle7mark.blog.zmapple.com/254998.html http://4rem.miracle7mark.blog.zmapple.com/255004.html http://tol5.miracle7mark.blog.zmapple.com/255010.html
http://ostin.miracle7mark.blog.zmapple.com/254985.html http://matsugeexte.miracle7mark.blog.zmapple.com/254993.html http://daikiboshuzen.miracle7mark.blog.zmapple.com/254999.html http://4rem.miracle7mark.blog.zmapple.com/255005.html http://tol5.miracle7mark.blog.zmapple.com/255011.html
http://ostin.miracle7mark.blog.zmapple.com/254987.html http://matsugeexte.miracle7mark.blog.zmapple.com/254994.html http://daikiboshuzen.miracle7mark.blog.zmapple.com/255001.html http://4rem.miracle7mark.blog.zmapple.com/255006.html http://tol5.miracle7mark.blog.zmapple.com/255012.html
http://ostin.miracle7mark.blog.zmapple.com/254988.html http://matsugeexte.miracle7mark.blog.zmapple.com/254995.html http://daikiboshuzen.miracle7mark.blog.zmapple.com/255002.html http://4rem.miracle7mark.blog.zmapple.com/255007.html http://tol5.miracle7mark.blog.zmapple.com/255014.html
http://ostin.miracle7mark.blog.zmapple.com/254989.html http://matsugeexte.miracle7mark.blog.zmapple.com/254997.html http://daikiboshuzen.miracle7mark.blog.zmapple.com/255003.html http://4rem.miracle7mark.blog.zmapple.com/255008.html http://tol5.miracle7mark.blog.zmapple.com/255016.html

posted by cococo at 00:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




素行調査-1/ 素行調査-2/ 素行調査-3/ 素行調査-4/ 素行調査-5/ 素行調査-6/ 素行調査-7/ 素行調査-8/ 素行調査-9/ 素行調査-11/ 素行調査-12/ 素行調査-13/ 素行調査-14/ 素行調査-15/ 素行調査-16/ 素行調査/ 素行調査-18/ 素行調査-19/ 素行調査-20/
素行調査NETAll rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。